寒い季節になってくると、温かい飲み物が欲しくなりますよね。
大人になって『温かい飲み物』と言うと、カフェインが多く含まれている珈琲や紅茶、緑茶などが主流で、ちょっとカフェインを摂りすぎてしまい気になる事があります。
そんな時に私は『ほうじ茶』をよく飲みます。
ほうじ茶は緑茶よりもカフェインが少ないのに、緑茶に含まれているカテキンやビタミンCと言った成分はきちんと摂取できるのが魅力です。
カテキンやビタミンCと言えば、風邪の予防になるこれからの季節には大切な成分ですので、摂取は欠かせませんよね。
その他、高血圧や動脈硬化の予防、老化防止と言った、健康や美容にもとても嬉しい効果があります。
一気にたくさん飲むのではなく、毎日飲み続けるのが効果を得るコツにもなります。
でも、毎日飲んでいるとちょっと飽きてしまう方もいらっしゃるかと思います。
そのような時には『ほうじ茶ラテ』を作ってみるのもおすすめです。
作り方は簡単で、熱湯で普通にほうじ茶を淹れ、そこに砂糖と温めた牛乳を注いで出来上がりです。
さらにすりおろしたショウガを入れて飲むと、体が温まるので風邪のときなどにもお勧めです。
最近は、ノンカフェインのほうじ茶も出ているようなので、本当にカフェインを摂りたくない方は、
あらかじめノンカフェインの茶葉を買い求めておくとよいと思います。
これからますます寒い季節になりますが、美容や健康のためにもほうじ茶を摂取してみてはいかがでしょうか。

ゲンタシン軟膏を市販で買いたい方におすすめの通販サイト